研修・教育の種類

 当協会の支部が行う研修・教育の実施予定は別表のとおりです。受講される場合は実施予定を確認の上、当支部にお申し込みください。事業所は、退職、異動等で検査者の不足が生じないよう資格取得の受講を計画して下さい。

1.特定自主検査者資格取得研修
 労働省の通達に基づく、事業内検査者及び検査業所属検査者の資格取得のための研修です

2.特定自主検査者能力向上教育
 労働省の通達に基づき、「フォークリフト」「不整地運搬車」「整地・運搬・積込み用、掘削用及び解体用機械」「基礎工事用機械」「締固め用機械」「コンクリート打設用機械」並びに「高所作業車」の特定自主検査者の業務に従事しておおむね5年を経過した者を対象に、おおむね5年ごとに最近における技術の進歩に対応した技術、知識を付与することを目的とした教育です。

3.特定自主検査者補講研修
 (A)当協会の研修によらない他の資格取得者で、安衛法令によって特定自主検査の資格が付与されている者、(B)法令改正(平成2年8月)によって、新たに所定の機種の検査者資格を有するものとされた者、及び(C,D)検査指針が全面改正(平成5年12月)される以前に検査者資格を取得した者等を対象に、改正法令・指針や検査者としての基本事項の理解を深め、検査者に必要な知識・技術の確保を図ることを目的に行う研修です。

4.フォークリフト運転技能講習
 
安全衛生法に基づく、フォークリフトの運転資格を取得するための講習です。